豆知識

 

スプレードライ豆知識

スプレードライ豆知識
 
当社の主要業務であるスプレードライ製法について簡単にご説明いたします
 
 
  
スプレードライとは?
 
スプレードライ法(SprayDry)とは日本語で噴霧乾燥法と言われ、液体を微細な霧状にし、これを熱風中に噴出させ、瞬間的に粉状の乾燥物を得る方法です。 
スプレードライの特徴として、溶液・スラリー・エマルジョンのいずれの原材料からも粉体を得ることが可能で、粉乳、インスタントコーヒー、粉末油脂、粉末調味料、粉末果汁など、様々な食品・化学素材が製品化されています。 
液体を霧状にする方法として、回転円盤による遠心噴霧と圧力ノズルによる加圧噴霧があり、製品の物性や成分により上手く使い分けることで様々な製品のパウダー化が可能となります。
 
フリーズドライとの違いは?
 
インスタントコーヒーでおなじみのフリーズドライ法とは、食品をいったん凍結させ、減圧下水分を昇華させて乾燥物を得る方法です。この方法は製品に熱がかからないため、品質劣化やフレーバー揮散が少ないことが特徴です。 
しかし、凍結・乾燥工程にコスト・時間がかかることや、油脂類では酸化による品質劣化が起こりやすいなどのデメリットもあり、現状では一部の製品にしか適用さ
れていません。
これに対しスプレードライ法は連続生産性・大量生産性に長けており、製品ロスも少ないためコストを安価にする事ができます。また、現在では粉末化技術の向上により熱変性やフレーバー揮散も少なく、油脂類ではほとんど酸化が起こらずに流動性の優れたパウダーが得られる事も特徴となっております。
品質についてスプレードライ製品は、製造時に熱風中にさらされるため、品質が劣ると思われがちですが、乾燥中の粒子は滞留時間が数秒間であり、蒸発潜熱により製品温度の上昇は抑えられています。実際には製品温度が50℃以下であり、回収品はすぐに冷却されるため、品質の変化はとても少なくなっております。
 
マルチステージドライヤーについて
 
当社が所有するスプレードライヤーは流動層内蔵型噴霧乾燥装置といい、噴霧乾燥でパウダー化するのと同時に、乾燥中のパウダー粒子同士を結着させて、直接造粒を行うことが可能です。この方法により従来ソフト造粒品を製造するのに、噴霧乾燥と造粒の2工程必要だったところを1回の工程で製造することが可能となっております。また、スプレードライヤーの条件を変えることで異なる粒径のソフト造粒品を製造することが可能です。
 
 
スプレードライ製品のご紹介
 
スプレードライ製法による食品として、粉乳やチーズなどの乳製品、醤油やエキスなどの調味料、各種の油脂、その他コーヒーやヨーグルトなど様々な食品がパウダー化されています。 
これらのパウダー食品は、保存性・計量性・流通性に優れているため、食品加工分野で広く利用されており、主な用途として製菓・製パン、インスタント食品、冷凍食品などがあります。また、最近は機能性食品分野でも広く利用されています。
   
 2007/08/23